音楽活動継続の方法・4つのヒント

これは、ギター弾き歌手・死神紫郎が教える
音楽活動継続の方法・4つのヒントだ。

これから音楽活動を始めようと考える人や、
行き詰まっている人には、少しは役立つかもしれない。

スポンサーリンク

①止まっても辞めない

音楽活動は登山に似ている。

頂上を目指し歩き、疲れれば休む。
夜になればシュラフに包まって眠る。

音楽活動も同じで、何回でも止まってもいい。
辞めない限りは続くのだ。

音楽活動はエネルギーを使う、故に精神力も体力も削られる。
だが、削られるほどのエネルギーを使うからこそ、
人の心を初めて揺さぶることができる。

辞めたくなるときもあるが、それはだいたい疲れているときだ。
疲れたなら休んだらいい、回復したらまた歩き出せばいい。

「まだまだいけるわ」→「もう駄目かもしれない」→
「アレ?まだまだいけるわ」→「やっぱもう駄目かもしれない」→…
継続にはこのようなサイクルがつきものだ。

問題は「もう駄目かもしれない」の部分をどう乗り越えるかにある。

この「もう駄目かもしれない」期は、
登山中、嵐に見舞われたと考えよう。

嵐に見舞われたとき、
登山家は耐風姿勢を取って留まるはずだ。

音楽活動の場合も、自分なりの耐風姿勢を取ればいい。

私の耐風姿勢は、
1.練習も創作も一切しない
2.いなり寿司かラーメン、カレーを食べる
3.たくさん寝る
4.難しくない本を読む
の4つだ。

一見ただのサボりのようだが、
これも嵐をやり過ごすために必要な耐風姿勢なのだ。

嵐の真っ只中である「もう駄目かもしれない」期に
なにか決断するのは避けた方がよい。

経験上「もう駄目かもしれない」期に決断すると大抵失敗する。
決して“落ち着いている”状態ではないからだ。

決断は嵐が過ぎてからでも遅くはない。

この「まだまだいけるわ」期と
「もう駄目かもしれない」期を繰り返すうちに、
このバイオリズムがある程度、予測できるようになってくる。

そうすればしめたものだ。

『あ~、「もう駄目かもしれない」期だわ!
練習放棄!大勝軒行って本読んで早く寝よっと。』
というふうに、安定の耐風姿勢を取れるようになる。

辞めたくなったらまずは止まって、耐風姿勢を取ろう。

②嫌なことはなるべくやらない

好きなことをやるのは当たり前だ。
何故なら楽しいからだ。

だが、嫌なことはどうだろうか?
まわりに勧められて、嫌いな打ち上げ、
嫌いな物販チェキ、嫌いなSNSなど、
なにかを無理してやっているということはないだろうか?

「仕事は我慢料」的なことを
美輪明宏は言ったが、私はそうは思わない。

やりたくないことはなるべくやらない方がいい。

「やりたくない」「嫌だな」と思うことは、
どうしたってパフォーマンスが落ちる。
無理してやることは、そもそも向いていない。

その代わりに「あなたの好きなこと」
「あなたの得意なこと」をやればいい。

その方が、音楽活動がもっと楽しくなるはずだ。

勿論、嫌なことは一つもやるな、ということではない。

どうしたって「嫌なこと」、
「苦手なこと」をやらなければいけないときもある。
だが、それを最小限にすることはできる。

ポイントは“なるべく”嫌なことはやらない、ということだ。

「あなたの好きなこと」
「あなたの得意なこと」を最大化できるように、
嫌なことは“なるべく”やらないようにしよう。

③批判は嫉妬

好きなことを好きなようにやっていると、
不思議と批判されるようになる。

批判の大半は嫉妬だ。
これも長年の経験に基づく実感だ。

批判されたときあなたのメンタルは削られるだろう、
だが安心してほしい。

今からそれを完全に無効化できる素晴らしい呪文を教えよう。
少し難しいからメモの準備をお忘れなく。

「うるせー、バーカ」

以上だ。

頭の良いあなたはもう覚えてしまったようだ。
何か批判されたら、頭の中でこの呪文を唱えてみよう。

そもそも批判してくる人は、重課金ユーザーだろうか?
あなたの活動を全面的に保証してくれる人だろうか?

批判してくる人に限ってほぼ無課金ユーザー、
保証なんて勿論してくれないなのだ。

そんな人の言うことをイチイチ、受け止める必要はない。

たまに参考になる批判もあるので
そういうときだけ都合よく頭に入れておいて、
それ以外は「うるせー、バーカ」の呪文で無効化しよう。

④最大のファンは自分

ライブでお客さんが少なかった日、音源やグッズが売れなかった日、
チケットノルマが10万赤字になった日、
あなたは自分にはファンが居ないんじゃないか?と落ち込むだろう。

だが大丈夫だ、あなたには最強のファンがいる。
それはあなた自身だ。

自分の音楽活動の大変さを誰よりも理解し、
楽曲を大事にしてくれる最大の支援者が自分だ。

練習もライブも失敗だらけでも、
自分が教祖で、自分が信者で良いのだ。

そう思えた瞬間から、あなたは最強になれる。

活動を継続するコツでもっと大切なのは、
自分を信じることだ。

自分を信じるということは、
自分の音楽に責任を持つということだ。

あなたの一番のファンはあなた自身。

なにもおかしいことはない。

まとめ

①止まっても辞めない…「もう駄目かもしれない」期は耐風姿勢
②嫌なことはなるべくやらない…好きなこと・得意なことを最大化
③批判は嫉妬…批判を無効化する呪文「うるせー、バーカ」
④最大のファンは自分…まずは自分が教祖・自分が信者

コメント

タイトルとURLをコピーしました